2010/05/13

聴き専としても心強い

ASCII.jpに記載されたクリプトン佐々木渉氏とフィギュア原型師である浅井真紀氏のロングインタビューが、非常に示唆に富むものだったのでメモ。モデリングやサンプリングを介した(一種倒錯的とも言える)愛情表現行為に対しての批評が、常にそういう葛藤に苛まれるモケイ業界からこのタイミングでフィードバックされたというのは、なんだか絶妙だったのかも知れない。そして一般リスナー…最近では聴き専とも呼ばれているが…を強く意識していることが分かったのも、個人的には大収穫。もう3年近くもシーンが続いてることを考えると、「ボーカロイド、もっとぶっちゃけると初音ミクから音楽に入った人たち」というのは確実に存在するわけで、そういう「いたいけな存在」を忘れちゃいかんと思うのですよ。