2010/11/14

ボーマス14お疲れさまでした!

そんなわけで、ボーマス14が無事終了しました。

今回、なかば強引にうどんゲルゲ氏の売り子のお手伝いをさせていただいたんですが、常々疑問に思っていた「ブースの内側から眺める風景はどのように見えるのか」が、ハッキリ理解できました。コミケやワンフェスがあれだけ続いているのも、ボーマスがこれだけの人数を集客するのも、CDや本を買ってくださる皆さんあってのことなんですよ。ただ漠然とモノを買いに行ってただけでは、分からないことが確かにありました。買いに来てくださる皆さんも、間違いなくイベントの参加者なんです。満面の笑みを浮かべてCDを買ってくださるお客様の表情をみたら、やめられなくなりますね、これは。

それともうひとつ、音楽が売れなくなったって話は絶対うそです。今日のあの会場の熱気をみたら、誰でもそれを実感できたと思います。要はメジャーレーベルがニーズを掴みきれてないんですよね。今後は「細かすぎて伝わらない」くらいの狭い層に向けて、少量多品種で売っていく道しか残されていないと思います。

というわけで、密かに目標としていた「うどんゲルゲ氏のオリジナルCDの完売」を達成できて、2人でひっそりと祝杯をあげたビールの味を、たぶん一生忘れないでしょう。ありがとうございました!>うどんゲルゲ氏、ご購入・ご来場いただいた皆様

本当にありがとうございました!