2010/12/25

Mac mini改造計画(最終回答編)

先日から進めてきたMac miniに3.5インチHDDを増設する件、いくつか検証した結果、SATA⇒eSATAの変換、あるいはHDDケースそのものに問題があるという結論に達した。次善の策として、以前から所有していたHDDを2つ収納可能なケースの一部に切り欠きを入れ、SATAケーブルを通してアダプタを介して繋ぐという方法で解決を図ることにした。このHDDケースには電源連動機能がないので、パソコン連動タップを購入して強引に電源のON/OFFを連動させるようにしてみたが、思い通りの動作をしてくれるか、やや不安ではある。

さて肝心のパフォーマンスだが、明らかに速度向上が感じられる。いずれベンチマークソフトで内蔵2.5インチとの差を測定してみたいところ。ともかくこれでHDDの大容量化に道筋をつけることができた。今回の作業で筐体の一部に手を加えてしまったため、このMac miniにはまだまだ働いてもらわねばならんので、まずは一安心である。安定して運用できるようなら、いずれ内蔵2.5インチHDDをSSD化するかもしれない。