2012/01/01

2012

2011年は本当に長かった。後年にわたり語られるであろう、また、忘れることができないものごとが多すぎた。そう、決して忘れてはいけないのだ。

さて年は改まった。どこへ行こうかね。