2013/03/30

Tumblrの画像をMacのスクリーンセーバーで表示させる

スクリーンセーバーなんか既に過去の遺物ではあるんだが、何かをぼんやりと表示させておくと妙に気が紛れるので、私物のMacは必ずお気に入りのものを表示させるようにしている(ちなみに職場のPCはデフォルトのまま放ったらかし)。今回は、ずっと入り浸っているTumblrのダッシュボードから画像を持ってきて、Mountain Lionのスクリーンセーバーで表示させてみた。

Lion以前のどこかのバージョンのOSでは、画像が流れてくる外部のRSSをスクリーンセーバー上で直接指定できたと記憶しているのだが、Mountain Lionの標準機能ではiPhoto内のライブラリしか指定できなくなっていて、外部の写真を読み込むことができない。一方、iPhoto '11では画像ストリームという名称で外部からのRSS内の画像を読み込むことができるので、以下のようにすればTumblrのダッシュボードの画像をスクリーンセーバーに表示させることができる。
  1. iPhotoを起動し、ファイル>写真フィードを登録…を選ぶ
  2. TumblrのRSSを登録する(URLは http:// [Tumblrアカウント名] .tumblr.com/rss )
  3. 画像が読み込まれるのを待つ。終わったらiPhotoは終了してよい
  4. システム環境設定から「デスクトップとスクリーンセーバー」をクリック
  5. 好みのスライドショー形式をクリックして、ピクチャ>フォトライブラリ…を選ぶ
  6. 2.で登録したフォトストリームを選ぶ
ただし、これではTumblrのRSSの仕様で最大20個の画像しか取ってきてくれない(他の指定の仕方もあるようだが自分が試してもうまく動かなかった)。そこでPhotumblrを使って画像のみを最大50個含むRSSを作ってTumblr標準のRSSの代わりに読み込ませてみた。なお、読み込まれる画像を更新したくなったらiPhotoを起動すること。

というわけで、スライドパネル形式&ランダムで表示させるようにしたら、なかなか調子がよろしい…でも、ダヨーさんのご尊顔が大写しになるたびビクッとしますw