2016/07/11

Re:animation9 雑感

既にTwitterでも話したことだけど、あらためて整理しておきたくなったので書く。

7/10(日)に新宿歌舞伎町のど真ん中で行われたRe:animation9(以降リアニと表記)の野外フロアへ入場して爆音で流れるアニソンにゆらゆらと身を委ねてしばらくして、BOOM BOOM SATELLITES の「LAY YOUR HANDS ON ME」がプレイされたとき、喜びとも哀しみとも分からない感情に包まれて、ひどく動揺した。



ワタシは彼らの熱狂的なファンではないけれど少々の音楽好きではあるから、アニメその他を通じて彼らの作品を知っている。そしてこれがどういう意味合いの曲なのかも。そういう音楽がアジアの雑踏の極みのような都市空間に大音量で解放された事実が、自分を打ちのめした。



音楽消費がフェス化して久しいと聞く。それはフジロックに代表される野外フェスや、アリーナやスタジアムといった大規模な閉鎖空間で行われるライブイベントが盛況であるという話に裏打ちされる。ではそういった日常生活から切り離された大空間はもう他にないのか、というところを思いっきり逆手に取って、大繁華街のど真ん中でアニメソングを中心にした屋外クラブイベント(アニクラ)を敢行したのが、リアニの始まりのようである。

そのリアニに、ワタシは1度参加したことがある。Wikipediaで調べるとそれは2013年の9月の第5.5回、小雨が降って少々肌寒い印象が強かったその日は、フロア後方でグダってる泥酔客とサークルモッシュ的オタ芸に熱心でプレイされる音楽なんか知ったこっちゃない勢と知っているアニソンがプレイされると後方からダッシュして体当たり上等な女性客が気になって、とてもじゃないが音楽を楽しむ気分になれず途中で帰ったことをよく覚えている。それがアニクラの流儀のひとつだというのを知ったのはその後しばらくしてからで、ちょっともったいなかったとは今でも思うが。

今回のリアニは、その印象を覆すものだった。アニソンはプレイされるものの基本はEDMフェス、もっと言うとテクノやトランスの野外レイブの再現をコンセプトに据えたのだと思う。もちろんアニソンやゲームミュージック、ボカロ曲(!)などの文脈の範疇からは外れないんだが、DJが変わる度にアニクラ、EDM、ベースミュージック、トランス、テクノ等に場の色彩がきれいに染まっていき、そういう音楽をまともに聴いたことがない風情のアニオタにさえステップを踏ませるようなパワーが発散されていた。そして音楽が中心であることは、スタッフの皆さんが先に挙げたような問題を起こしそうな人たちに対してよく注意を払っていた様子からも伺えた。



ボカロ系クラブイベント(ボカクラ)で度々お見かけするDJ Megsysさんが回し始めたとき、ワタシは入場規制列にいた。最初に聴こえてきたのは「ルカルカ★ナイトフィーバー」。ボカロクラスタにしか分からない想いをこんな形でぶっ込んでくる心意気みたいなものがビリビリ伝わってきて、その後ボカロ曲からアニソンRemixへきれいに繋いで熱く盛り上がり、クラウドファンディングで権利を買ったらしい人からの放水を浴びせられながら多幸感に包まれたあのとき。

ゴリゴリのトランスで押しまくるDJさんが当然のようにHiroyuki Odaではなく鼻そうめんPのボカロ曲を2つもプレイしたあのとき。

ラストのロングセットでコアなテクノが鳴り響いてもほとんど誰も帰ろうとせずひたすら踊っていたあのとき。

そしていまもう一度、「LAY YOUR HANDS ON ME」がプレイされたときの、四方をビルと派手な看板に囲まれた都市の風景と空の色が視界の中で境界を失って混じり合い、自分の身体も思考も何もかもがどこかへ溶けてしまったような、あの感覚を思い出す。おそらくそれは祈りのようなものだったのだろう。



次のリアニもがんばって行くようにします。できればスタートから。

HiroshiWatanabe aka Kaitoさん(@hiroshi_w_aka_kaito)が投稿した写真 -


追記:こちらもぜひご一読を

2016/07/02

nasneとAndroid版torne mobileでTVアニメ時短視聴のススメ

7月に入って2016春アニメが一段落したと思う間もなく夏アニメラッシュだけど皆さん息してる?それくらい昨今のTVアニメの本数は多過ぎて見る時間を作る段階で既にくじけてしまいがち。これまでは睡眠時間を削ったり見る作品を泣く泣く絞り込んだりスマートフォンに録画データを移して隙間時間に視聴したりという個人なりの努力をして解決を図っていたわけだけど、今回はソニー製TVチューナー内蔵NASのnasneとその視聴アプリのひとつであるAndroid版torne mobileで視聴時間そのものを圧縮してしまおうというお話。nasneもtorne mobileもコストパフォーマンスが高いので、Android端末を持っている方が新規にHDDレコーダーの購入を検討する場合にもちょっぴり役立つ内容になるかもしれない。

さて本題。nasneは前述の通り「地上波デジタル/BS/CSチューナー内蔵NAS」なので、前提として家庭内LANにぶら下げる必要がある。無線では繋がらないので有線で。それと当然TVアンテナも配線しなくてはいけない。このあたりの物理的なめんどくささは商品の性質上諦めるしかないが、逆にTVには直接接続しなくていいのが不思議ではある。さて一通りの作業を済ませて設置して電源を入れたら細かなセッティングはLAN内の端末…例えばPS3/PS4のtorneや、PCのwebブラウザ、スマートフォン等から行う。セッティングの内容は主にTV視聴と録画についてで、NASに関わる設定はほとんどないと言っていい。そういうわけでnasneをメディアサーバ的に使うのは可能ではあるけど、あまりオススメできない。それとあらかじめ言っておくけどnasneは壊れやすいので(ワタシのnasneは例の初期不良で交換した後エラーで吹っ飛んで現在は3代目)、重要な録画にはあまり向かず、また、録画データを外部メディアに取り出して保存する方法も充分に整備されているとは言いがたい。つまり見ては消し用途で割り切って使うのがベターである。余談だがnasneは1チューナーだが並列設置が可能なので、複数チャンネル録画も数にものを言わせれば可能である。また、USB接続の外付けHDDを増設することで録画容量を増やすことも可能だが、録画先HDDを指定できないなど機能的にはプアなので正直あまりオススメできない。

んでnasneの操作や視聴はLAN上のPS3/PS4やPC、スマートフォン・タブレット等で行う。PCについてはWindows・Macに対応ソフトがあり、スマートフォン関係にも幾つかアプリが揃っているが、今回はtorne mobileを組み合わせるのを提案したい。なおこのアプリはiOS版・Android版ともに存在するが、後述する「ある機能」がAndroid版に先行(?)実装されているので、今回はそちらを中心に話を進める。Android版の場合、TV視聴や録画ビデオ再生機能の解放に¥500の課金が必要だが、それが無いと話が始まらないのでさっさと払ってしまおう。なおワタシが現在使用している端末はXperia Z Ultraだが、ごくたまに再起動するくらいの手間でサクサク快適に動作していることを申し添えておく。それとこのアプリ、番組持ち出しには対応していないようで、そうしたいときは別のアプリが必要。このへんのチグハグさはいかにもTV関係という感じが強い。

さて、torne mobileの実際の画面を見ていくことにしよう。これは実際の初期画面と設定画面を並べたスクリーンショット。既にPS3/PS4でtorneを使っている方は特に戸惑うことはないだろう。ざっと見る限り、nasneとtorne mobileで必要な設定項目は揃っており、また、各種視聴に対応する機能も(明らかに余計なお世話的なもの・無駄に思えるものも含めて)一通り含まれている。ここでは説明しないが、nasneとtorne mobile(または別のアプリ等)で外出先から録画できるようにしておくととても便利なので、多少のランニングコスト増とセキュリティ低下に目をつぶってでも設定することをオススメする。まあここは個人のポリシー次第ではあるが。

次は番組表と番組検索画面を並べたスクリーンショット。番組表は標準的なもので特に不満はないが、これを実際に見ながら番組を探すというのは、よほどのTV好きくらいしかしないだろう。というわけで活躍するのが番組検索。ジャンルと登録チャンネル、放映時間帯、有料・無料などの条件で絞り込んだ上でフリーワード検索ができるのだが、親切にも[新](新という字を四角で囲った新番組を示すマーク)が検索ワードにあらかじめ登録されているので、これらを組み合わせて検索すれば、例えば「地上波で放映される深夜アニメの新番組」だけを抽出できる。あとはおもむろに録画したい番組をタッチして予約登録していけばよい。

そして録画視聴画面のスクリーンショット。ワタシがAndroid版torne mobileをプッシュする最大の理由はここ。再生時に画面上を指でタッチして左右にスライドすることで1.0倍〜2.0倍、10倍、30倍、120倍の早送りが可能で、1.0倍〜2.0倍再生しているときに画面をタッチして指を縦に動かすと0.1倍刻みの調整ができる(スクリーンショットには映っていないが、画面中央の▷マークの下に再生倍率が表示されるようになっている)。つまり時短視聴とは、PS3/PS4でもできたこの倍速再生機能を活用してTVアニメを手元のAndroid端末でサクサク見ちゃおうというものである。自分はアナログビデオ時代に2倍速視聴できる特定の機種を探し出してフル回転させていて、デジタルHDDレコーダーに移行してからは1.5倍速視聴で妥協していたんだが、このアプリのアップデートによって再び2倍速視聴ができるようになって小躍りして喜んだ(というのはオーバーだが)。なおiOS版torne mobileには現時点で倍速再生機能が実装されていないので、iPhone・iPadユーザーは指をくわえて待つかAndroid端末を買っちゃおう(笑)

ところで当然「2倍速で見ても話が分からんのでは?」という疑問が湧くと思うが、これは慣れと使い分けで何とかなると経験上から申し上げたい。アニメは意外とセリフの間が空くので、慣れてしまえば2倍に圧縮しても話を追うことができるようになる。もちろん倍率を下げるのもいい。1.3〜1.5倍速程度ならそんなに違和感は生じないんじゃなかろうか。それともちろん、作画や劇伴などをじっくり楽しみたい作品は等倍で視聴するなど、好みに応じて使い分けるとよい。余談だが、倍速視聴はスポーツと全く相性が悪いので素直に等倍で見よう。

というわけで、nasneとAndroid端末の組み合わせはnasne mobile(の倍速再生機能)によってコストパフォーマンスにすぐれたアニメ(を片っ端から見ては消す)視聴環境になっている。時間が取れず視聴に苦労している、あるいはTVの前に座るのが面倒になっている方には割とオススメだと思うのだが、いかがだろうか。