2010/05/11

TwitterのAR的効能について

新しいブログに移行したので更新頻度をあげております(笑)。それはともかく表題の件。AR(拡張現実)と言えば電脳コイルセカイカメラが挙げられるが、先日のボーマスにおけるTwitterの立ち位置は、それを代替しているような気がした。自分がいまそこで体験している現実にTwitterのTLというレイヤーで情報がリアルタイムで上書きされていく感覚、その情報を共有している人が目の前にいる筈なのに実際には誰だか分からない微妙なもどかしさは、それを使ってみた者でないと分からないかもしれない。まぁiPhone+セカイカメラ+ジオタグ+Twitterの使い方が洗練されれば、ああいう場でのコミュニケーションの可能性が広がりそうではあるな。