For short, " I. M. G. D. "
Established : 1997/12/07

Light up your room, and browse away from the monitor, please! :-)

2022/02/23

アシダ音響ヘッドホンST-90-05を買って聴いてみた

数週間前にTwitterのTLを流れていった「アシダ音響というメーカーのST-90-05というヘッドホンが価格のわりに音が良い」という呟きが気になって(実際に大評判で販売在庫が一時的に無くなっていた)、上記のAmazon公式ショップの在庫復活タイミングを狙って運良く購入できた。以下、既にツイートした内容も含め軽くまとめておく。

(SONYウォークマンプロ WM-DD9は残念ながら数年前に動かなくなってしまいました)

2022/01/29

崩れたうさぎと不屈のF1パイロット 〜 TVアニメ「小林さんちのメイドラゴンS」と「平家物語」

2021年、「小林さんちのメイドラゴンS」に続けて(FOD独占配信ではあったけど)「平家物語」を見て、とても良くできていて楽しいけれど、個人的にはそんな簡単な言葉で片付けられるような作品でもなく、そうこうしているうちにメイドラゴンSはDVD/Blu-rayが発売になって平家物語は地上波&BSのTV放送とFOD以外のストリーミングサービスでも放送され始めて…このまま黙っておく手もあったんだが、他の皆さんのご意見とは相変わらず少々違っているようなので、特に比較して語る理由は無いんだが軽くまとめておくことにする。



2021/12/27

今すぐ食事で暖まりたい人に贈る「紺白手抜き鍋」のご紹介

event_note
しばれるねえ!(あいさつに相当するいにしえの言葉)

冬の寒さや外の雪かきなどで身体が芯から冷えたとき、人類の欲求は
  • 風呂入りてえ
  • 鍋食いてえ
の2つに集約されると伝え聞きます。そのうちのひとつ、なんでもいいから鍋を食ってあったまりたい!という方向けのレシピをご紹介します。といっても凍てつく空気のなかで悠長に過ごせるほど自然は甘くありませんので、特に工夫せずスピートに賭けます(何を?)

2021/11/02

あなたの隣にいるポンコツAIの歌声を愛でよう 〜 映画『アイの歌声を聴かせて』レビュー(ネタバレあり?)

妙にクセのあるキャラクターがよく動き回る。何だか歌ってるけどいきなりボカンと爆発したりする。いわゆるアレ系統の映画にしては「感動の導線のそれっぽさ」が今ひとつ見えてこない。しかし、何だ、この、引っかかりは?

劇場でしばらく前から流れていた映画『アイの歌声を聴かせて』の予告編を何度も眺めて、その捉えどころの無さに、興味を逆に掻き立てられた。

宝塚シティハンターで大きな衝撃を受けることは分かり切ってたので意識的に冷却期間を置き、(ようやく以前みたく)仕事帰りにふらりと劇場へ寄って『アイの歌声を聴かせて』を見終わった後、これぞまさに映画だと心の中で快哉を叫ばずにはいられなかった。

青春もの。歌もの。ロボット・人工知能もの。

日本のアニメ映画におけるそれら手垢のつきまくったモチーフに対し、この映画はひとつの明確な回答を得ることに成功した。全てを分かりやすくまんべんなく破綻なく、そりゃ少々強引なところもあるけれど、シナリオとキャラクターと演出と絵面と動きと音楽音響、アニメ映画を構成する要素を総動員して、モチーフを渾然一体とした形で盛り込んだ作品を極上のエンターテイメント、しかもよりによってミュージカルとしてまとめ上げることが可能であると提示することができた。

見終わった直後にツイートした通り、年齢性別関係なく、ひとりでもカップルでも仲間でもご家族で一緒に見ても、こんなに大笑いしてワクワクハラハラして少し泣いて最後はニコニコ笑いながら劇場を後にできるこんな映画には、おそらくめったに出会えないだろう。

めんどくさいアニメおじさんが宝塚シティハンターを見て圧倒された話

表題の通りです。グゥの音も出ないとはまさにこのこと。

これだけを書くならTwitterで間に合ってしまうので、宝塚歌劇の雪組公演 『CITY HUNTER』『Fire Fever!』(以下宝塚CHと呼称)の何のどこにワタシは圧倒されたのかについて、思うところを徒然と書き残してみることにする。なお当方は宝塚歌劇どころか歌劇・演劇・舞台等そのものに全くのど素人で観劇経験は生まれてこのかた数回なので、間抜けなことや誤り、ファンの皆さんに失礼なことを書いてしまうかもしれません。あらかじめお詫びします。

2021/10/23

素人には全くおすすめできないMac版iTunesと写真.appデータのNAS運用

event_note
いや正直、苦労する割に不安定で遅いので、これ止めといたほうがいいです。内蔵ストレージを山ほど盛って、NASじゃなくて外付SSDか何かにデータを保管して、バックアップはクラウドを基本にしたほうが絶対にいいです。以下は個人的な備忘録。

2021/10/17

幕張の片隅でリベンジを叫ぶ 〜 「ゾンビランドサガLIVE~フランシュシュ 佐賀よ共にわいてくれ~」雑感

2020年3月8日の数日前。状況を鑑みライブを自粛する旨のアナウンスが公式発表された。あの、先が見えない混乱と不安のなか、他のイベントが軒並み延期や中止になっていた以上、妥当な判断ではある。ただ、2019年夏のアルピノ凱旋ライブのライブビューイングを一緒に見て以来の名も無きデスおじ仲間が当ててくれたチケットは払い戻しとなって、仕方がないと自分に言い聞かせながら、内心では行き場のない無念さや悔しさを噛み殺していたことを、ずいぶん昔のことのように思い出す。


あれから約1年半。

ふざけんじゃねえ、こんなもんじゃねえ。

我ら名も無きデスおじは、喉から飛び出そうになる叫び声を必死で押さえ込み、でも流れる涙はそのままに、拳を幕張メッセの天井めがけて何度も突き上げた。

ふざけんじゃねえ、こんなもんじゃねえ。

2021/08/07

Twitterを静かに楽しむいくつかの方法

event_note
特にこの1年半あれこれあったせいでTwitterがクイックな情報源というより感情のエコーチェンバーみたくなってますけど、Twitter本社に要望を出しても要らんことばっかりしてるので、改善をすぐには期待できません。

そんなわけで心ある皆さんは各々で工夫してるわけですけど、ワタシが日頃やってる設定その他をいくつかノウハウ的にメモしときます。


2021/07/31

ファスト風土とアナログレコード 〜 劇場版オリジナルアニメ「サイダーのように言葉が湧き上がる」レビュー(ネタバレあり)

この情勢で新作映画の公開がことごとく延期されるなか、個人的にとても楽しみにしていた「「サイダーのように言葉が湧き上がる」も当初の予定より1年ほど遅れて公開された。

たかが1年、されど1年。

見終わった後、世の中がこんな状況でなく当初の予定通り公開されていたら、「2020年にヒットしたアニメ映画」として話題になったんだろうなあと率直に思った。それ自体が残念でもあるし、この作品が最近の多くのアニメ映画と同様、時代に囚われているという一種の限界を持っていることも、強く感じてしまった。



2021/07/26

思い出はモノクローム、色をつけてくれ 〜 「劇場編集版かくしごと ―ひめごとはなんですか―」レビュー(ネタバレあり)

TVシリーズのタッチが好きだったので個人的に期待していた「劇場編集版かくしごと ―ひめごとはなんですか―」を見た。

例によって下調べせず行ったので「TVシリーズでは描かれなかったもうひとつの結末」が描かれるとは知らず、そもそもTVシリーズの内容をかなり忘れてることに気づいて、まあポジティブに言えば新作映画のつもりで臨めたのは、幸せだった。

この作品は、まさにその「もうひとつの結末」によって、TVシリーズの総集編を超えて1本のアニメ映画として成立していた。そこからのエンディングテーマで、この物語は見事なフィナーレを迎えたと思う。

…いや卑怯でしょこれは!(号泣しながら)