2017/07/27

iOS用カメラアプリ「BestCam」の良さを伝えたい

携帯電話にカメラが付いて、「写メ」という言葉とともに日常的に写真を撮る行為が当たり前になってずいぶん経つ。現在は高性能なスマートフォンが普及して、誰でも簡単にきれいな撮影ができるようになった。

ではそこから一歩進んで、もっといい写真を撮りたくなったらどうする?Instagram的に画像を「盛る」にしても、元の写真がビシッとしてなければサマにならない。かと言ってスマートフォン以外の、例えば一眼レフやコンパクトデジカメを別に買い足すというのも、写りの良さと引き換えにいつでもサッと出して撮れるという日常的な取り回し性が損なわれ、さらには写真をすぐにネットへアップロードして皆に見せるという現代的な楽しみ方がちょっと難しいかもというところで、なかなかオススメしづらいのが現状。もちろん高額だし。

そういうわけで提案するのがiOS用カメラアプリ「BestCam」。今までいろんなアプリを使ってきたけど、個人的には決定版といっていいくらい気に入っている。



では何がいいのかというのを少々説明したい。
  • シンプル
    数ヶ月前にiPhone 5SからiPhone SEに変更したが、SEではほぼストレスなく起動して、思い立ったときにすぐ撮れる。インターフェースは分かりやすく整理されているので、設定で迷うこともないだろう。
  • 「シーンモード」が便利
    例えばその日の食事や夜の風景を撮るとき、純正のカメラアプリ等だと調整がなかなか決まらないので、とりあえずたくさん撮っておいてマシなものをレタッチして…というのが、ワタシのこれまでの使い方。「Halide」のような高性能アプリもいいけど、じっくりセッティングして撮る手間が取れないことも多い。「BestCam」では4つのモードがプリセットされていて、場面に応じて「最小限の」補正をかけた写真が撮れる。さらには設定によって補正前の写真も同時に両方残してくれる。撮影後にレタッチする際、補正前の(≒劣化が少ない)写真を選ぶこともできるのだ。実はこの機能、他のカメラアプリではあまり見かけないかもしれない。というわけで補正後と補正前の例:



  • シャッター音が消せる
    ワタシは「デジタルカメラのシャッター音は要らない性善主義者」なので、スマートフォン・デジタルカメラでは常に人為的・擬似的なシャッター音を消して撮影している。21世紀半ばには内燃機関で動くクルマを売っちゃダメとか言い出してる時代に、デジカメ、特にスマートフォンのシャッター音を純正では消せないのって、いまだにしっくりこない。海外のカンファレンスに出かけていった日本人のスマートフォンのシャッター音で周囲が変な顔をするという話も聞いたことがある。日本固有の事情は理解した上で、デジタルカメラをアナログ時代の束縛から脱した新しい撮影装置として進化させてくれるメーカーが出現することを期待したい。
というわけでBestCam、7月初旬に旧名称の「Bestshot」から完全リニューアルした際に無料セール・割引セールを実施していたんだけど、現在は定価の240円に戻ったみたい。それでも正直安いと思う。iOS機器で写真を撮るのが日常になってる人にはマジでオススメしたい。