2010/10/22

静岡日帰り輪行の旅(接触篇)

ロボットと美術展を観に、静岡まで行くことにした。先着39名に初音ミクのサンプラーCDをプレゼントということに加え、せっかくなので1/1スケールガンダムも見ておきたいので、その目的を達成するための安価で合理的な行程を考えてみる。

まず、美術館とガンダムの位置を考えると、現地の交通手段も確保しておきたい。バイクを手放してしまった現状ではクルマが最も理にかなっているのだが、土日の交通渋滞は確実なので到着時刻が読めず、さらに服用している薬の件もあり遠乗りはしばらく避けてきたため、この案は却下せざるを得ない。高速バスも、到着時刻が読めないという同様の理由で使えない。残るはJR+自転車輪行という手段のみだが、ここで新幹線を使ってしまうと何とも風情がないし、安価というには少々値が張ってしまう。

というわけで、かつて「ムーンライトながら」として運行されていた、東京5:20発の373系の直通運転の普通列車を使うことにした(ちなみにこの電車の存在を、ツイッターで教えていただいた。感謝!)輪行の場合、乗換回数を最小限にすべしというのが経験則だが、コレなら東京駅で乗り換えてしまえば、あとは到着まで約3時間半、酒を飲もうが寝ようが好き放題できる。というわけで最寄の山手線駅まで自転車で行って切符を買い(Suica類は会社を跨ぐため使わない方が無難。これもツイッターで得た情報)、東京駅まで移動して東海道線に当該列車に乗換というパターンに決めた。これだと東京都内〜東静岡間なら片道3千円を切る。

あとは往復で約7時間の暇を潰すための荷物をまとめるだけだ。輪行に最低限必要なファーストエイドキット類を持っていくのは当然として、少々重いけどMacBookを持っていってDDTM(電車でDTM)をするのが一番いいな。あとはiPodとデジカメと予備電池と雑誌を数冊持っていけば充分だろう。帰りは飽きたら適当に戻ってくるつもりだが、静岡19:30発の同系直通電車がデッドラインということを覚えておけば無問題。どうせ帰ってくるだけなので、乗換が少々増えても大した痛手ではないし。

ニューマシンを輪行袋に入れる練習は既に済ませた。こういう旅のプランは久々なんで、なんだか少しワクワクしている。明日は3:30起き。寝坊しないようにしないと(笑)。