2014/11/20

DAIMについて少々

一応ワタシが主催者のひとりである音楽レビューサイト・DAIMについて現在個人的に思うところなどを書いてみる。DAIMメンバーには初耳の内容も含まれるかも知れないが、こういう喉に刺さった小骨みたいなものを取り除きたくなったのが再起動の理由のひとつであるので。

DAIM設立当初から共同主催のしまさんとは認識がほぼ一致しており、また、我々が何か行動を起こす時は最終的に話し合って決める(というか正確にはしまさんの意向をワタシがチェックして承認する)体制を採用してきた。

ただ1年前、ワタシが自分のリソースを同人活動その他に割けなくなった時点で、それまで自分が担当していた諸々を皆に預けた。そのなかには上記のサイト運営をはじめメンバーの活動チェックや新規メンバーのスカウトetc.なども含まれていたのだが、既に合議制に近い体制に移行していたこともあり、その点に関しては大丈夫だろうと安心していた。

DAIMは便宜上サークルではあるが、この合議制というか共和主義的な部分が象徴するように、その活動については個人の裁量に任せてある。DAIMの名前において発言するもの、個人名義で発言するもの、それぞれの責任は別であり、その使い分けはメンバー各自が自覚しているものと今でも楽観視している。それゆえ、メンバーでありながら一切活動していない「幽霊部員」も存在するし、休部・退会も実際に発生している。始めてみれば割と大所帯になってしまったので、仕方ないところであろうと割り切ってはいる。でもね?幽霊部員が多すぎるのも一切音沙汰がないのも困りものなのよ?あなたとあなたとあなた、ちょっと裏に行って話そうか?

閑話休題。

ただし注意してほしいのは、DAIMという集団がひとつの思想なり主義なりイデオロギーなりを標榜することは決してないということである。これは当初から個人的に抱えていた想いのひとつでもあるし、批評ではなくレビューという言葉にこだわった理由でもある。そのあたりのニュアンスを読み取れるメンバーを厳選しているつもりではあるのだが、外から見た場合に「個として発信した情報」が「DAIM全体の意向」として捉えられかねないケースが実際に発生してしまったので、これは今後の課題だねえとしまさんと話したのはいつ頃だったかな。とにかくそういうわけで我々は始めからニュートラルというよりノンポリに近い集団な訳です。

ワタシのリソースはすぐに回復しそうにないのでDAIMは今後もしばらく現状の体制が続くでしょう。実際ワタシも誰が何をやってるか把握してないしな。ただ、仮に倦怠感めいたものがDAIMという集団の周りに漂っているようなら、少しテコ入れせんといかんかもなあなどとぼんやり考えています。

ちなみにワタシ、この1年で聴いた音楽の再生時間の総合計はおそらく3時間程度です。それと自分の名誉のために言っておくと、ワタシはボカロ衰退論者なんかじゃありません。それほど単純ではないので。単純というよりバカっぽい?放っとけ。

ちょっとだけ再起動

すっかりご無沙汰しておりました。

諸事情あってネット等から1年ほど距離を置いていたけど、そろそろ毒も抜けてきた頃合いだろうということで少しずつ復帰していこうと思います。

いままでどういう状態だったのか、現在どうなのかを説明するのは様々な意味で難しいです、細かく話したくない気持ちもありますしプライバシーに関わる領域の話も多々あります、そのあたりはどうかご容赦願います。

それからワタシ自身のフィジカルな面ですが、これもまた説明が難しい…健康だけど健康じゃないというか何というか。ただ体重が20kg落ちて10kg戻って3kg落ちるみたいな話は本当なので、そこだけ見られるとヤツレてると思われそうですね。実際、軽く意識を失う経験を何度かしました。全校集会でぶっ倒れる女子校生ってこういう状態なのかと妙なところで感心したりしてましたが、それ以来さすがに身体や食事には気を使っています。

まあこれだけだとさすがに無責任ではありますね…昨年末、ニコ動が一昔前のヤフーみたいな現在のバージョンにアップデートしたあたりからの世間の話題はほとんどキャッチアップできてません。今思えば幾つかの中毒症状…対象はニコ動、ボカロ、Twitter、スマートフォン等のガジェット、ネット界隈のニュース、etc.に陥ってたんでしょうね、ニュースに関しては少しずつ追いかけてますが他はすっかり疎くなりました。ただ、エア提督だったはずの「艦これ」だけはなぜか司令部レベル109という数字が残っていますが、これは生活のリズムを朝型にして規則正しくするのにちょうど良かったためで、巷で流行ってるらしいIngressダイエット(?)と動機は似たようなものです。ちなみに艦娘は現時点で入手可能なものは全て図鑑コンプリートしました。

というわけで1年前の自分がやっていたことを全ていっぺんに再開することはないです。特にニコ動とボカロは優先順位が下がっています。『「初音ミク現象」と呼ばれるものは(特に)初音ミクを中心としたキャラ消費とJ-POPの(下位)互換としてのボカロ音楽に乖離して(縮小)最生産される』という仮説は某所のブレインストーミングで2013年春に導き出したものですが、現在のニコ動とボカロのシーンは上記と比較してどうなってるのか若干興味がある程度です。ああ、買いたいCDは何枚かあったっけ。ありゃ、ボーマス終わったばっかなんすね…とにかく、ワタシの中のボカロ時計は正確には2013年8月29日で止まっているので。ちなみに某氏のあの日のあのツイートは消えていた、せっかく晒そうと思って たのに。代わりにこれを置いとこう。

それとTwitterも以前のようにはアクティブには書き込まないでしょう。一度TLから離れると、あの文字の奔流がとにかく鬱陶しくなります。数年前にSNSから離れろと旧友からアドバイスを受けていくつかのアカウントを閉鎖しましたが、彼の「その手のもので本当のプライベートな時間が削られてるんじゃないの」という言葉は鋭い指摘だったと今でも思います。というわけでさすがにDMはなるべく見ますがその他のアクションは追いつかないかもしれません、あらかじめお詫びしておきます。

ガジェット類の話題だと下取り&クーポン等を使ってタダ同然でiPhone 5から機種変更したiPhone 6がどうしても気に入らず、結局買取業者に売り払ったその足でApple Storeに行ってiPhone 5sを買い戻したりしました。手の大きさとかデザインとかそういう話じゃなく、たぶん相性ですね。ワタシとiPhone 6 / 6 plusは相性が悪い。それもかなりのレベルで。もう少しで投げ捨てるところだったもの。

よた話はこれくらいですかね。いろいろと楽観できない状況は相変わらずですが、食事や軽い飲み会くらいならなんとかなりそうなので誘ってください。旨いもの食いたいや。