2018/04/22

まばたきを忘れ息を殺し鼓動を止め 〜「リズと青い鳥」レビュー(ネタバレあり)

突然発表された4/4の丸の内ピカデリーでの完成披露上映会に何とかスケジュールの都合をつけ駆けつけて作品を見終わった後、鎧塚みぞれが奏でるあのオーボエの旋律と音色が脳裏にこびりついたまま4/21の公開初日を迎えて、朝イチの上映からとにかく「リズと青い鳥」という映画を見なければという焦燥に駆られて4回ほど見た。



完成披露上映会の開幕前に舞台へ立たれた山田尚子監督は相変わらず、口と手足が一緒に動く人だった。

「職人を見るときはまず手を見ろ」というのは誰から教わったのか忘れたけれど、こういう「表情や手足はもちろん全身を総動員して話す」人は、たいてい面白い。それはほとんどの場合、話のイメージが頭の中で既に完成されていて、それを相手に何とか伝えようとしてジタバタしているのを眺めているだけで、なんだかとても楽しいからである。原作の武田綾乃さんも脚本の吉田玲子さんも、今回の主役を演じた種﨑敦美さんも東山奈央さんも、仕事の皮をぺりっとめくったらおそらく似たようなものだろう。

かくして「リズと青い鳥」は、そんな職人たちによって「響け!ユーフォニアム」という原作小説&イラスト・コミカライズ・アニメのシリーズによる「エレクトリックギターの歴史におけるフィードバック奏法の発明」のような状態からさらに突き抜けて、極めてカッティングエッジな映画として我々の眼前に現れた。上記の各メディアで何度も何度も見え隠れしていた、思春期の少女たちの誰もが抱えるリアルな皮膚感覚を、これほど鮮やかで生々しく残酷に捉え切った映像作品を、とりあえずワタシは他に思いつかない。山田尚子監督はあのやわらかなほほえみと物腰のまま全力で倒しに来た。京都アニメーションと牛尾憲輔氏と洗足学園大学、製作委員会とランティスと松竹、この作品に関わった全ての皆さんは全力でそれを支えた。

山田尚子監督は性格悪い。

高坂麗奈ならこの映画を見て躊躇なく、にっこり笑いながらこう言ってのけるだろう。




以下ネタバレありなので改行を多めに: