2018/04/21

翔べ! 〜映画「レディ・プレイヤー1」ファーストインプレッション

新宿ピカデリーかどこかで偶然ポスターを見かけて、あまりの光景に狼狽しつつ「これは封切初日に見ないとダメなやつだ」とオタク特有の勘が働いて、仕事をやっつけて速攻で映画「レディ・プレイヤー1」を見に行ってきた。

この映画については、実はもう全てが準備済みだった。正直むっちゃ面白くてボロボロ泣いちゃったので書くと長くなるけど、ただひとつだけ、この画像を貼りたいがためにファーストインプレッションと言い張って速攻で記事をでっち上げることにした。

(フォントはPress Start 2P Fontをお借りして、1分くらいででっちあげたので荒くて済まぬ)



この映画、予告編やポスターを見ただけだとちょっと勘違いしてしまうかもしれない。例えばVR感バリバリの近未来映画なんだろうとか、有名キャラクターが勢ぞろいして夢の共演が実現したとか。それはそれで正しい。でも、個人的な引っかかりはもっと最初のところ、

「なんでよりによってヴァン・ヘイレンのこれがオタク映画のテーマソングなの」

という点。もはや歴史的な遺産と呼んでいい超名曲なのは置いとくとしてもだよ?


…などと、めんどくさいオタク特有のこじらせた感覚を覚えながら見て、思ったところを以下にネタバレを交えつつ簡単に述べる。念のため改行を多めに: