2018/08/20

シネスコサイズで切り取られた少年とおねえさんのひと夏の夢 〜映画「ペンギン・ハイウェイ」レビュー(ちょっぴりネタバレあり)

映画『ペンギン・ハイウェイ』を見終わって、自分が10歳前後の頃のできごとをあれこれ思い出してみた。新学年になってわりとすぐに担任の先生が産休を取るという話になって代理の若い女性の先生が臨時でやってきて、初夏の頃に産休中の先生の家へ遊びに行って冷やし中華をごちそうになり、一方、臨時の先生のアパートの庭には野良の子犬がたくさんいて…あそこはワタシが北海道じゅうを引っ越して歩いたなかではわりと大きめの街だったけど、あの2人の女の先生と同時に思い出されるのは、産休の先生の家の前の側溝を流れる清流と傍に咲くありふれた花々、代理の先生のアパート周りに生い茂った薮と雑草である。他のことはずいぶん忘れてしまったけれど、自転車でひたすら駆け回ったあの街は、自分の中ではそういう初夏の風景として頭の中に定着している。

そんなわけで本題。映画を見て自分の経験と重ねることは普段あまりしないのだけど、「ペンギン・ハイウェイ」は身構えずに見たせいか、予想していなかった感情をワタシにもたらした。もちろん個人差はあろうが、この作品は大人びた小学生だったという自覚を持つ方には特におすすめしたい。以下、ちょっぴりネタバレしつつ、その理由をいつものようにつれづれと: