For short, " I. M. G. D. "
Established : 1997/12/07

Light up your room, and browse away from the monitor, please! :-)

3/18/2021

Better TweetDeck バージョン4と MultiRow TweetDeck で理想の Twitter(廃)環境を手に入れよう

event_note3/18/2021
以前のこの記事の続き。相変わらずTweetDeckを愛用しております。TLが時系列で並んで、(擬似?)UserStreamが実現でき、見たくもないトレンドや妙なプロモーション・レコメンドなど余計なノイズが乗らないので、Twitterの純正webクライアントより個人的に快適なんですよね。

念のため自分の環境を整理しておくと以下の通り:
  • Mac mini (Late 2012)、macOS Mojave(10.14.6)
  • Chrome(現時点ではバージョン89.0.4389.90)
これに以下の機能拡張を追加して、TweetDeckを使っています。

Better TweetDeckとMultiRow TweetDeckは以前も紹介したので置いとくとして、ユーザースクリプトを適用させるTampermonkeyを追加したのは、こちらで紹介されている方法でTwitter Cardを表示させたからです。

しかし皆さんご承知の通り、Chromeなど各種webブラウザに機能拡張(アドオン)を追加すると次第に動作が重くなっていきます。ただでさえメモリ喰いと言われてるChromeなので、必要なものだけ厳選して使うほうがいいに決まってます。

などと考えてたところ、「Better TweetDeckのバージョン4が出来たからテストして意見ちょーだい(意訳)」というツイートが流れてきたので、早速使ってみることに。
要約すると、バージョン4では以下の機能的な変更があります。原文はこちら(英文)ちなみにインストールはChromeウェブストア経由ではなく、先ほどのサイトからダウンロードして手動で導入する必要があります。また当然ですが、重複するBetter Tweetdeck 3.xとTampermonkeyは無効化してください。

※2021/03/18追記:まだ正式版ではないので、インストールに苦労したり機能が変更されたり設定が消えたり機能拡張ファイルそのものが壊れたりする可能性がありますが、ご使用は自己責任でお願いします。

※2021/04/06追記:日本時間2021/04/04頃に正式版がリリースされたようです。ただバージョン3から設定は引き継がれないようなので、設定内容を事前にメモした後にアップデートすることをおすすめします。

※2021/04/11追記:バージョン4.0.2がリリースされたようです。バージョン3からの設定が引き継がれるようになったらしく(未確認)、また、バージョン3時代にあったいくつかの機能が復活したので、使用には4.0.2以降をおすすめします。
  • 最新のツールでゼロから書き直したので軽く速くなった
  • 設定をインポート/エクスポートできる
  • アクセントカラーの変更ができる
  • 新しいテーマ(OS設定によって自動切替もできる)
  • 単一の画像をオリジナルのアスペクト比で表示できる(表示設定による)
  • Twitter Card表示に対応(!!!)
  • 「Like」ボタンを押すと、どのアカウントで実行するか選べる(個人的な感想:TweetDeckはもともと複数アカウントでの運用を想定したサービスなのでけっこう重要)
  • 画像付きの引用ツイートを純正webクライアントのように表示できる
  • 画像のフルスクリーン表示(個人的な感想:かなりうれしい)
  • 絵文字関係、一部テーマの作り直し、カスタムCSSエディタの更新
  • いくつかの機能のデフォルト設定化
  • いくつかの機能の削除(画像/動画/音声のカスタムサムネイル表示など)、一時停止
ワタシの設定はこんな感じ。英語ですが特に難しいことはないと思います:





(カラムの1行めだけ文字を大きく表示するために記述してます。ご参考まで)

実際に使い始めての感想ですが、確実に速くなってますね。Chromeがこのところメモリ消費量削減に取り組んでるというのも効いてるはずなんですが、設定次第ではTwitterの純正webクライアントより軽く感じるかもしれません。また、バージョン3時代の機能のいくつかが無くなっていますが、特には気にならないレベルです。個人的な現時点の問題は、スクロールバーの幅を変更しても反映されないっぽい、各ツイートの右上端にあったリツイート・ライク済み表示が無くなっているくらいですが、回避策を工夫する&気にしないことで解決しています。

なおTampermonkeyで実現させていたTwitter Card表示ですが、ほぼ問題ないです。ただ1ツイートあたりの表示の高さが増すので、たくさんの人をフォローしていてTLが速い人は読みづらいかもしれません。なので、あえて非表示にするという方法もあります。このへんの融通が利くのもBetter TweetDeckならではですね。

それとMultiRow TweetDeckとの共存は今のところ問題なしです。リストや検索結果のカラムを段組みして常に置いておけるので、Twitter監視業務には本当に向いてると思います。

複数アカウントでの運用や絵文字まわりなどについては、今後使い込んでみて、気づいたことがあれば追記しますね。

インターネットからは以上です。

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加