2010/07/01

これは一人の聴き專にとっては小さな一歩だが、ワタシにとっては偉大な飛躍である

例の宣言から約1ヶ月、部屋の掃除と片づけ等が予想以上に手間取ったこと、そしてW杯でサッカー熱が再燃したことなどで、そっち方面は全くの手付かずだったんだが、決して忘れていたわけではありません。んで諸々が一段落したので、ワタシも遂にその一歩を踏み出すことにしました。休養が思いのほか長期になること、それから処方薬の関係でクルマ・バイクの類を控えめにしなくてはいけないことなどから、DTMにじっくりと取り組むには今をおいてなかろうという判断です。「それにしてもミクとルカのふたり同時はいくらなんでも無謀なんじゃねえの?」という声が聞こえてきそうだが、カヴァーしてみたい曲がデュエットだったり英語だったりするので、最初に迎え入れるはこのふたりと決めていたのです。楽器が弾けずDTMのデの字も知らん人間が果たしてどこまで出来るのか、幸い時間はたっぷりあるので、まずはのんびりと試行錯誤していくことにします。