2016/09/03

「響け!ユーフォニアム」深読み:舞台装置としての宇治(4)

(3)からのつづき

前回の終わりに「ロジック」という言葉を書いた。基本的な事柄だが重要なので、アニメーション制作のロジックの一部をほんの少しだけおさらいしたい。

押井守監督がこんなことを述べている。
「アニメの場合、演出する人間が作品をコントロールしようと思えば、限りなくコントロールできる。アニメは偶発的な要素が排除された世界に成立していて、演出家が計算した分だけ画面になる。」
押井守著「これが僕の回答である。1995-2004」より引用

脱線気味だが「響け!ユーフォニアム」第8話の特殊エンディングから、失恋した葉月がついにこらえ切れず涙をこぼす場面を例に挙げる(ホントは動画で見せたいところだが…)。



涙があふれて視界がにじむ心情を背景が急激にボケるという絵で描写する、このコンマ何秒かのシーンがアニメならではのウソだと気づいた人は、どれくらいいるだろう?(実写でも合成したり後で処理すれば可能ではあるが)。このように、描きたいものだけを描きたいように描く、それがアニメである。まあ最近は某怪獣映画のように、実写でもアニメ的にCGで大胆に描き替えたりするけれど…。

それともうひとつ。富野由悠季監督が自著「映像の原則」でこんな図を示している。


有名なものなので見たことがあるかもしれないが、これは別にアニメに限らない話で、演劇、映画やTVドラマ等に慣れ親しんだ方なら、よくご存知かと思う。舞台やスクリーンの位置にはそれぞれ意味があり、人物や物体の動きも別の意味を持つ。良い演出家は当然、この原則を意識しながらキャラクターやモノを配置して動かす。ちなみに「映像の原則」改訂版は、映像関係の大学の授業でも使われているらしいので、いずれ腰を据えて読もうと考えているところ。

さて、以上の基本的なロジックを念頭に置きながら、「ユーフォ」の場面をいくつかピックアップしてみよう。





このように「ユーフォ」では、久美子は左で麗奈は右にいる場面が頻出するが、その意味は彼女たちのキャラ性と先のロジックに則って考えれば自然と理解できるはず。なお、この「久美子は左で麗奈は右の原則」が、第8、12、13話では基本的に逆転して描かれている。理由はそれぞれ推測できるのだが、ここは皆さんへの宿題にしておこう。

さて、上で示したように、「ユーフォ」はアニメのロジックにかなり忠実に作られていると言っていいだろう。それが単に画面構成だけなのか否か。次回は久美子の日常空間の話に戻って、「仮説」の核心に迫っていく予定。

(5)につづく

「響け!ユーフォニアム」深読み:舞台装置としての宇治(3)

(2)からのつづき

前回の終わりに書いた、

『「ユーフォ」の主人公である久美子の日常空間は、宇治川左右の川岸と、それを結ぶ宇治橋によって構成されている』

という話を、物語の中で出てきた土地や建物を含めて簡単な図に起こしてみた(念のため劇中には登場しない平等院も入れてある)。



宇治川と宇治橋で規定される空間にこれだけのロケーションが詰まっていること自体が驚きだが、ここでちょっと基本的な話をする。

宇治はもともと歴史の古い街で、源氏物語の「宇治十帖」の舞台としても有名である(…と偉そうに書いたが、ワタシはこういうのにとても弱いので識者から教えていただいた)。ここで興味深いのが、『フィクションであるはずの宇治十帖のそれぞれのエピソードについて、「聖地」が実在する』という事実である。

(宇治市 源氏物語ミュージアムのwebより引用)

江戸時代の好事家によって言わば「二次創作」された「宇治十帖の聖地」が、冒頭の図と微妙に位置を重ね合わせながら、宇治の人々の生活空間に現存していることの意味を、よく考えてほしい。同時に、道を歩けば史跡に当たり、土地を掘れば必ず何か古いものが出てくるような街を舞台にして、新しい物語をつくることの困難さも。

なお、「宇治十帖の聖地」のひとつである「総角(あげまき)」にちなんだ石碑が、「ユーフォ」第8話に登場している。こういうところひとつを取ってみても、「ユーフォ」制作陣の「ロケ地の扱いの思い切りの良さ」を再認識できるだろう。



さて、今回の話もいったん整理する。ちょっとだけ次回へのネタ振りも。「ユーフォ」の主人公である久美子の日常空間は、繰り返し述べている通り宇治川と宇治橋によって規定されるが、このような「街に物語を当てはめる」行為は、歴史があり物語に富む街に住む宇治の人々にとっては、昔から慣れ親しんだものではないか。従って、宇治に本社を構える京都アニメーションが制作した「ユーフォ」はとても慎重に設計されており、「ロケ地の扱いの思い切りの良さ」は、その現れなのではないか。次回はそのあたりのロジックを探る予定。

(4)へつづく

「響け!ユーフォニアム」深読み:舞台装置としての宇治(2)

(1)からのつづき

ここで、「響け!ユーフォニアム」の物語の地理的構造を整理しておく。架空の学校である北宇治高校は宇治市北部にある京阪電鉄六地蔵駅が最寄りと設定されていて、主人公の黄前久美子は京阪電鉄を使って通学しており、彼女の住まいは平等院(!)の南側にあるとされている。これを簡単な図にまとめると、以下のようになる。


久美子たちが必死に取り組んでいる部活も高校生の日常生活の一部と捉えることができるであろうが、ここでは場所と物語の関係を整理するために非日常とした。北宇治高校は、サンフェスや府大会といった非日常的なエピソードに足を踏み入れるための入口的な場所と言える。

一方、彼女たちが通学途中でダベったり買い食いしたり楽器の練習をしたりするのは、京阪宇治線沿いのパン屋さんやコンビニやファストフード店などを除けば、ほとんど宇治市街中心部、それも京阪電鉄宇治駅から宇治川に沿って久美子の家に至る場所に集中している。つまり、少なくとも久美子の日常空間は、この一帯であると言っていい。

(通称久美子ベンチは宇治川左岸の散策道・あじろぎの道沿いにある)

宇治川(正式には淀川本川中流部と呼ぶらしい)は、琵琶湖を源流とし宇治市内にある天ヶ瀬ダム(TV版サウンドトラックの背景に用いられた)を経由して、街のおよそ南側から北側へと流れる。その水量は豊かで速く、軽い気持ちで覗いた程度では底がみえないような川である。

(宇治橋の上から南=上流方向を撮影)

この宇治川によって文字通り二分された街を繋ぐのが、宇治橋(通称うまくなりたい橋)である。今年の夏に宇治へ行った際にこんな看板を見つけたが、この橋が宇治という街のシンボルだと広く認識されている事実を覚えておいてほしい。



ところで先の宇治川上流の写真の橋は朝霧橋と言って、朱に塗られたきれいな橋なのだが、これも劇中にはほんの一瞬しか出てきていない。日常生活ではあまり使われてなさそうな雰囲気とはいえ、前回の記事で述べたような思い切りの良いロケ地の扱いは、こうして現地を歩いてみればよく理解できる。

(朝霧橋の上から大吉山を望む)

さて今回の話をいったん整理しよう。「ユーフォ」の主人公である久美子の日常空間は、宇治川左右の川岸と、それを結ぶ宇治橋によって構成されていると断言していい。このシンプルなロケーションが「ユーフォ」の物語において非常に大きな意味を持っているのではないか、というのが「ある仮説」の正体である。

(3)へつづく

「響け!ユーフォニアム」深読み:舞台装置としての宇治(1)

TVアニメ「響け!ユーフォニアム」の2期がもうすぐ始まるので、今年の6月くらいからうわ言のように呟いていた「ある仮説」についてまとめておく。いつものノリで妄想を吐き出していくと長くなるに決まっているので、文章を適宜分けて書いていく。また、できるだけ画像を使い引用もするが、言葉足らずで何だかよく分からない話になってしまうかもしれない。あらかじめお詫びしておく。


さて本題。いまさら説明するまでもなく「ユーフォ」はとても面白い作品で、高校吹奏楽部の成長を描くという王道の青春ものながら、吹奏楽部員ひとりひとりのキャラが透けてみえるほど緻密なディテール、細やかな心象描写、力の入った作画、ダメレンズと形容されるほど強烈な撮影、きわめて印象的な音楽など、アニメを構成するどの要素を取り出しても、それぞれに語るべきものがある密度の濃い物語である。今回はその舞台となった、宇治市と物語の関係について考察を進めてみたい。

宇治市は京都市の南にある京都府内で2番目の人口を有する街だそうだが、あらためて地図を確かめてみると、実はかなり大きな面積を持っていることが分かる。


アニメの舞台を実在の街に求めてロケハンを敢行し画面に登場させるのは、「ガールズ&パンツァー」の大洗町や「ラブライブ!サンシャイン!!」の沼津市を例に挙げるまでもなく、作劇手法のひとつとして定着している。ヒットしたアニメのロケ地は「聖地」と呼ばれて、ファンで賑わい観光収入が増え…といった具合に地域振興の有力な手段のひとつとして徐々に認知されつつある、というのがワタシの認識である。

「ユーフォ」の「聖地」はもちろん宇治市だが、地図をよく見ると、物語がだいたい市街中心部の宇治川沿いから(北宇治高校という架空の学校の最寄りだと設定された)京阪電鉄六地蔵駅付近までの、ごく一部の場所だけで展開されていることがお分かりいただけると思う。比較用に、有志がまとめたマップを引用しておく(オープニングに一瞬だけ出てくる名古屋の某所までマッピングされているのでお手数ですが宇治市近辺を適宜拡大して見てください)。



「ユーフォ」が他のアニメと決定的に違うのは、宇治市の実際の街の広さに対するロケーションの狭さ、そして例えば、平等院とその参道、JR宇治駅前の道路から一本入ったところにある商店街といった、他の作品なら必ず使いたくなるであろう有名な・印象的なロケ地をばっさりとカットしているところである。

(世界遺産なのにアニメには名前すら登場しない平等院)

いくら高校生の部活もので彼女たち彼らの移動手段が電車と自転車と徒歩に限られているとは言え、このロケ地の扱いはあまりにも思い切りが良すぎる。そこには何らかの意図が隠されているのではないか?

…というのが、「ある仮説」を着想するきっかけであった。

(2)へつづく