2016/10/01

DAIMお蔵出し:t.Komine(うたたP) / 鳥居羊 / “こちら、幸福安心委員会です。”

  1.  元ネタの古典TRPGはさておき。
     作品内で繰り返される「義務なんです」というフレーズから、ジムナスティック=体操=YMOを連想してみる。
     初期YMOが共産主義的独裁をキーイメージとして打ち出し、散開ライブで「プロパガンダ」を展開したのはご存知の通りである。
     プロパガンダとは政治的な宣伝行為で、サーチライトの強烈な光、演説や音楽を拡声器や巨大スピーカーで増幅した音響などで構成される大規模な舞台装置、また、ユニフォームを着た群衆による行進やマスゲームといった律動等を伴う。
     これによって個人を否定する同調圧力が生じるが、この力は「いじめる側の論理」とほぼ同義である。ときには個人の死すら厭わない残酷な世界が待っていることを、肝に銘じるべきであろう。
     もちろんこの作品は、このようなディストピアのパロディなのだが、妖しい肢体と人を見下した声を持つ幻の存在によって、我々は煽動されてしまうかもしれない。
     それほどに危険なのだ。
    ********************
    ■music:t.Komine (うたたP)
    ■lyrics:鳥居羊
    ■illust:wogura
    ********************

    Info